Example #1
0
        public static void Run()
        {
            var points = new List<Point>
            {
                // C# 3.0 のコレクション初期化子
                // List.Add(Point) が呼ばれてる
                // 1行1行 new Point を書くのがめんどいことがある
                new Point(3, 4),
                new Point(-1, 0),
                new Point(5, -2),
                new Point(7, 6),
                new Point(0, 0)
            };

            // Console. やら PointJson. やら、横に間延びしがち
            Console.WriteLine(points.ArrayToString());
            var json = PointJson.ToJson(points).ToString();
            Console.WriteLine(json);
            Console.WriteLine(PointJson.ParseArray(json).ArrayToString());
        }
Example #2
0
        public static void Run()
        {
            var points = new List<Point>
            {
                // List.Add を呼んでいることには変わりないのだけども
                // C#vNext では拡張メソッドでも OK になった
                // ここで実際に呼ばれているのは PointExtensions.Add(this IList<Point>, int, int)
                { 3, 4 },
                { -1, 0 },
                { 5, -2 },
                { 7, 6 },
                { 0, 0 }
            };

            // using System.Console ってやると、その C# ファイル内では Console. を省略できる
            // 拡張メソッド同様、実際にどこで定義されているメソッドかわかりにくくなるって問題もあるのでやたらと使いたい機能ではないけども、便利な場面も結構あるはず
            WriteLine(points.ArrayToString());
            var json = ToJson(points).ToString();
            WriteLine(json);
            WriteLine(ParseArray(json).ArrayToString());
        }