コード例 #1
0
ファイル: ActiveSkill.cs プロジェクト: kingling/sgs
 public ActiveSkill()
 {
     LinkedPassiveSkill = null;
     Helper = new UiHelper();
     DeckCleanup = new List<DeckType>();
     AttributeCleanup = new List<PlayerAttribute>();
 }
コード例 #2
0
 public CardsAndTargetsVerifier()
 {
     minPlayers = 0;
     maxPlayers = int.MaxValue;
     minCards = 0;
     maxCards = int.MaxValue;
     discarding = false;
     Helper = new UiHelper();
 }
コード例 #3
0
ファイル: CardUsageVerifier.cs プロジェクト: kingling/sgs
 public CardUsageVerifier()
 {
     Helper = new UiHelper();
 }
コード例 #4
0
ファイル: CardTransformSkill.cs プロジェクト: kissgoodbye/sgs
 public CardTransformSkill()
 {
     UiHelper = new UiHelper();
 }
コード例 #5
0
 public PassiveSkill()
 {
     isAutoInvoked = false;
     Helper = new UiHelper();
 }
コード例 #6
0
ファイル: CardTransformSkill.cs プロジェクト: maplegh/sgs
 public CardTransformSkill()
 {
     linkedPassiveSkill = null;
     UiHelper = new UiHelper();
 }
コード例 #7
0
ファイル: ActiveSkill.cs プロジェクト: kissgoodbye/sgs
 public ActiveSkill()
 {
     UiHelper = new UiHelper();
 }
コード例 #8
0
ファイル: ActiveSkill.cs プロジェクト: pxoylngx/sgs
 public ActiveSkill()
 {
     linkedPassiveSkill = null;
     UiHelper = new UiHelper();
 }
コード例 #9
0
 private int _GetActualTimeoutSecond(UiHelper helper)
 {
     return Math.Max(5, TimeOutSeconds + (helper != null ? helper.ExtraTimeOutSeconds : 0));
 }
コード例 #10
0
ファイル: PassiveSkill.cs プロジェクト: h1398123/sgs
 public PassiveSkill()
 {
     isAutoInvoked = false;
     ExtraCardsDeck = null;
     Helper = new UiHelper();
 }
コード例 #11
0
ファイル: CardTransformSkill.cs プロジェクト: h1398123/sgs
 public CardTransformSkill()
 {
     LinkedPassiveSkill = null;
     ExtraCardsDeck = null;
     Helper = new UiHelper();
 }
コード例 #12
0
ファイル: CheatSkill.cs プロジェクト: kingling/sgs
 public CheatSkill()
 {
     Helper = new UiHelper();
     HeroTag = null;
 }
コード例 #13
0
ファイル: ActiveSkill.cs プロジェクト: h1398123/sgs
 public ActiveSkill()
 {
     linkedPassiveSkill = null;
     ExtraCardsDeck = null;
     Helper = new UiHelper();
 }
コード例 #14
0
ファイル: CheatSkill.cs プロジェクト: h1398123/sgs
 public CheatSkill()
 {
     Helper = new UiHelper();
 }